男性財布 人気ブランドnavi

財布メンズで今 人気のブランドをじっくりご紹介します。日本の経済が復活してきて、高級なメンズ財布が売れています。それも日本製の高級財布ブランドが^^ 日本人が日本の良さ 誇りを取り戻し始めています!

男性財布 人気ブランドnaviカテゴリー項目一覧


>>日本最上級の皮革製品専門店はココ

スマイソンのウォレットはどうでしょうか?

スマイソンは、1887年創業、ロンドン発のブランドです。
ロンドンのニューボンドストリートで生まれました。


1950年代には、ジョン・メンジーズ・グループ傘下となりました。
その後、スマイソンの代表取締役サラ・エルトンが、
個人投資家の支援を受け、経営権を買い取ります。
現在はイギリスに6店舗、アメリカに1店舗を展開しています。

 

同ブランドは、ロイヤリティやセレブに愛用者が多いことで知られます。
ヴィクトリア女王、エドモンド・ヒラリー、グレース・ケリー、マドンナなど。
多くの著名人に愛されています。


英国御用達ブランドとしても知られ、
そのステイタスは最高級ソーシャル・ステーショナリーブランドとして確立されています。 



財布では、パープルのロングウォレットがあります。
やわらかなカーフレザーの長財布で、エナメル ヒンジ クラスプになっています。
カードポケットが5つ、ポケットが5つついています。
リムーバルポーチもついているので、便利に使うことができますね。

 

カーフ以外のレザーのウォレットも取り扱っています。
たとえば、蛇革のロングウォレットがあります。
ブラックのカラーで、どんなファッションにも似合います。



ラウンドファスナー開閉で、カードや小銭、お札をきちんと収納できます。
外側はヘビ革で、内側はカーフレザーとヌバックのコンビになっています。
エキゾチックレザーのウォレットは、ほかの人と違うものを持ちたい、と思う方にピッタリです。

他にも素敵な財布メンズの人気ブランドはたくさんありますよね
この 人気男性財布ブランドを紹介しているサイトが参考になりますよ

続きを読む


>>日本最上級の皮革製品専門店はココ

カツァラス 財布を吟味する

カツァラスは、1919年に生まれたブランドです。
ブランド創業者はコンスタンチン・カツァラスです。


高度に洗練された技術が必要とされるクチュールバッグの分野で、不動の地位を築いてきました。
パリのアトリエとして、高い評価を受けています。 



同ブランドの技術を高く評価したオートクチュールメゾンが、顧客の装いに合わせたバッグの製作を依頼。
シャネルの手縫いキルティング・ラムレザーバッグ、デイオール、サン・ローラン、エルメスなど、
高級ブランドのオートクチュリエとして、パリ・モード界になくてはならない存在となりました。 



ロイヤリティにも愛されるブランドで、英国エリザベス女王、歴代フランス大統領など、
各国著名人のためのバッグをてがけています。
フランス政府の外国賓客への記念品にも採用されています。
高い技術、クオリティがあってこそですね。 


これまで限られた顧客だけのものだったクチュールバッグですが、
より開かれたものいするため、パリ本社にサロンが開設されました。
日本でも本格的な活動が開始されています。 



財布も人気が高く、レディース、メンズともに展開されています。
熟練した職人による手作業が基本で、絶妙のクオリティ・バランスは、同ブランドの財布ならではです。
同ブランドの革の切り口をロウ付けして磨き上げる「シール仕上げ」は、皮革商品の伝統的な技法によるものです。
また、品質を守るために、製品本数を限定しており、入手は困難となっています。

続きを読む


>>日本最上級の皮革製品専門店はココ

レッドムーン 財布ってエエンちゃう?

レッドムーンは1993年創業の革小物ブランドです。
ブランド創設者は後藤惠一郎(Keiichiro GOTO)です。


ブランドコンセプトは「進化するベーシック」で、
クラフトマンシップに基づく、こだわりのある革小物を制作しています。

 

たとえば、レッドムーンの人気アイテムに、「RM-FF30A」があります。
こちらは、普及の名品「CW-02A」のニューモデル「RM-CWN-30A」をベースにデザインしたサドルレザーロングウォレットです。
フロントのフェイス部にカバーをデコレーションすることで、より高い風格を実現しています。



使い込むことに、革がなじみ、フェイスカバーと一体になっていきます。
レザープロフェッショナルのブランドならではのセンスが光ります。


手で馴らしたり、ヒップポケットで圧をかけたりして、自分だけのオリジナル度を高めていく楽しさもあります。
革の形状記憶を生かしたデザインで、リアルな経年劣化を楽しめます。 



レッドムーンのこちらの財布を含め、レザーアイテムにはサドルレザーが使用されていることが多いです。
サドルレザーとは、ステアハイド(雄牛の革)を素材とし。植物タンニン剤をつかってなめしたものです。
サドルレザーの財布をつくるには、手間暇がかかります。
ひとつの商品をつくるのに、数か月はかかるのです。


そのため、大量生産はできません。つくるのに時間がかかる上、
人気のある素材のため、入手しにくいです。
経年劣化による飴色の変化も見事です。

続きを読む


>>日本最上級の皮革製品専門店はココ

バーンロムサイの財布についての考察

バーンロムサイ財布は、古布財布として人気が高いです。
ひとつひとつの工程は手仕事で行われます。


手間と時間、そして想いをこめて作っています。
古布とは、タイ北部やベトナム、ラオス、ミャンマーなど、
山地に暮らす山岳民族の女性たちの民族衣装に利用されている布です。


刺繍が細かければ細かいほど、災いが入ってくるのを防げると信じられています。
だからステッチワークはとても緻密なのです。彩りも豊かで、味のあるデザインです。
なんといっても、世界にひとつしかないデザインというのが魅力。


他の人とは違う、ハンドメイドの高品質なウォレットを持ちたいと思うのなら、
バーンロムサイ財布をおすすめします。
エスニック好きな方にもおすすめです。 



バーンロムサイ財布は、民族衣装だった布を手仕事で、ウォレットとしてリメイクしています。
完成までの工程は9段階です。
時間がかかるだけに、想いがこもっています。
まずは丁寧に洗浄し、汚れやほこりを完全に取り除きます。



そして、傷つけないよう注意しながら、裏地や糸くずを取り外します。
財布のサイズに合わせてパッチワークします。
古布の組み合わせとデザインを考えつつ、ミシンで縫製します。



芯地を合わせて布の強度を上げ、裏地にシルクを合わせます。
カードケースや小銭入れなどを取り付けます。
ビーズをつけたり、カラフルな刺繍を施したりして、出来上がり。
出来上がりまで3日はかかります。



ネットショップでもすぐに売り切れてしまう人気の商品ですが、
日本では鎌倉店でも取り扱いがあるので、問い合わせてみると良いですね。

続きを読む


>>日本最上級の皮革製品専門店はココ

イビザの財布に魅せられて

イビザは国内一貫生産で革小物を制作しています。
お使いいただく方のことを最優先に考えたデザインがモットーです。


そのためには、流行を追わない、飽きのこないデザインを追求するなどの配慮をしています。
また、さびやすい装飾用の金具はつけない、弱くなる構造は避けてデザインするなど、
長く使い続けるための配慮もしています。


だからこそ、いつまでも大切に使い続けられます。 
創業以来、国内生産にこだわっています。
大量生産はできないので、その分愛情が高まります。 


財布は定番の牛革はもちろん、羊革、水牛革、やぎ革、バッファローなど、
オリジナリティある素材をつかったものまであります。
ヘビ革の小銭入れもあり、なんとなくお金が貯まりそうですね。


ヘビ革の小銭入れは、俵型になっていて、たくさん収納できます。
かわいいタッセルがついていて、見た目的にも良いし、開け閉めにも便利ですね。
お値段は12,600円です。
ワインレッドの落ち着いた色合いです。 



羊革のメッシュの長財布は、メッシュになっています。
高級感のあるイメージです。
羊革なので、手触りが良く、いつも触っていたくなりそうです。
ラウンドファスナー開閉のウォレットです。



ファスナーを開けると、札入れが2つ、小銭入れが2つついています。
カード入れは4つずつ、2か所、計8つあります。
その他にもポケットが2つあり、仕分けしやすいです。 



イビザのウォレットは、手作りなので、
同じデザインでも色や柄、風合いが微妙に異なります。

続きを読む


>>日本最上級の皮革製品専門店はココ

サドルレザー財布がお気に入り

サドルレザー財布は、ワンランク上の高級レザーです。
ステアハイドと呼ばれる雄牛の革を使用したウォレットです。


ステアハイドを植物タンニン剤でなめした素材です。
サドルレザー財布は、制作に非常な手間暇がかかります。
作り上げるのに、数か月はかかります。
大量生産でつくることはできません。



1点1点、手作りが基本です。貴重な革だからこそ、
その仕上がりは極上で、高い満足感をもたらしてくれます。
入手が困難な素材ですが、人気は高いです。


もともとのつくりづらさも手伝って、入手は困難な状態です。
オンラインショップでアップされても、すぐに売り切れてしまうことが多いです。
一般的な知名度は、カーフレザーに劣るかもしれません。


しかし、上質なレザークラフトを愛する人々の中では、
たいへん知名度が高いです。 



サドル色は、使い続けるごとに、飴色に変化します。
これも、ラグジュアリーレザー愛用者にとっての楽しみのひとつです。
経年劣化により、自分だけのオリジナルなウォレットに生まれ変わります。 


このタイプのウォレットは、二つ折り財布が良いかもしれません。
ポケットに入れておけんば、その擦れで、経年劣化を味わいやすいです。
ライダーズウォレットでも人気が高い素材ですね。


ライダーズウォレットはロングウォレットが基本です。
ロングタイプだからこそ、存在感も大きい。


自分好みに退色していったその様子を、もっと楽しめそうですね。
レッドムーンなど、皮革小物を販売するブランドで取り扱いがあります。

続きを読む


>>日本最上級の皮革製品専門店はココ

ケーシーズ 長財布

ケーシーズは、高品質なハンドメイドレザークラフトで人気のブランドです。
有名人にも愛用者が多いことで知られます。


長財布や小銭入れなどの革小物のほかに、ウォッチも展開しています。
レザーベルトのウォッチで、3「3コンチョシリーズ」と呼ばれています。


ケーシーズにかかれば、たんなるウォッチとしてだけではなく、おしゃれなブレスとしても活用できます。
カジュアルファッションとしても良いし、アウトドアでの実用的な時計としてもバッチリ。
厳選された革を使用しているから、身に着けた時の感触も素晴らしいのです。 



ケーシーズからライダーズウォレットが発売されています。
オールハンドメイドの、メイドインジャパンのライダーズウォレットです。
はじめて同ブランドを身に付ける、という方から、ハイエンドユーザーまで満足させるデザインです。
特上の素材を使い、カラーバリエーションも充実。


美しいエイジングをもたらす肉厚のサドルレザーの長財布です。
コインポケットは大きく、財布は折りたたまずにすっと入れられます。
カードポケットが5つ、ポケットが2つついています。
見た目はもちろん、収納力も抜群です。


カラーバリエーションはタン・ブラウン・ブラックの3色展開です。
エイジングが期待できそうなのは、なんといってもタンですね! 
使いつづけるごとに、男の風格を上げてくれそうです。


価格は19,740円です。
この品質で2万円を切る価格というのは素晴らしいです。

続きを読む

サイトTOPへ

カテゴリー

スポンサードリンク

月間アーカイブ

更新履歴

ハンドメイド